Good quality is limited.

「良いもの」には限りがあります。
今はなき、Carl Freudenbergの革で作ったチャッカブーツ。
Freudenbergの革は、現在でもたまに見かけることがあるが、
当時のクオリティーを維持しているのはほんの僅か。
後は残念ながら…

昔の革は、布で磨くだけでジワーッと鈍く光る。
今流行りのシューシャインは、厚化粧をしているようで個人的に苦手。

革に限らず、最近、「良いな!」と思ったものは、
少なくなったと思う。
車、音楽、デザインetc..
おかげで無駄なものは購入しなくなった。

今、私が欲しいものは、「自分が本当に良いなと思ったもの」、
そして、体験や友だちなど、お金じゃ買えないもの。

人生はシンプルに生きるのが一番。

error: Content is protected !!